富士山2011 Vol.2 山小屋泊編

f0077739_1240423.jpg


チェックイン受付時間の16:00まで待っている間はわずかだったが、汗をかいていた事もあって、少し寒かったな。

宿泊予定の人達がぞろぞろ集まってきた。

夕方の風景も楽しむ予定だったが、頂上からの景観は明日朝も見れると思って、私もチェックイン。

f0077739_12462217.jpg


1泊2食で¥7000なり、記念にカードとハンドタオルを貰った。

山小屋内部の説明を聞き、案内されたのはこんな寝床。

f0077739_12492026.jpg


「あなたは左から2番目ね」って!

噂には聞いていたが、こんなにも密接な状態で寝るのか・・・

細長いお布団だし、更に左右重なり合ってるし。

しかも、お隣さんは女性だし。

う~む・・・

「ヨロシクお願いしま~す」と挨拶して、荷物の整理やWCで着替えたり。

そうこうしてると徐々に頭痛がしてきた。

これが高山病なのか!?

いくらゆっくり登ったとはいえ、徹夜だったからなぁ。

お隣さんも高山病みたいだし、周りにいたベテランのおじさんが話してくれたのは、「短時間で登る富士登山だと高山病は、なって普通」って事らしい。

f0077739_12563421.jpg


二日酔いのような感覚で、当然食欲も湧いてこない。

用意していた焼酎水割りも欲しくないわ・・・

夕食前にいったWCでは下痢シャーシャー状態だったので、無理してでも食べておかないとなぁ。

行動食でウィダーゼリータイプを4パックも食べたのが、お腹が緩くなった原因かもしれない。

徐々に冷めていくカレーライス、当然不味く感じているのだが、なんとか全て残さずに胃袋に流し込んだ。

f0077739_1381095.jpg
f0077739_1385460.jpg


食後、気晴らしにと外に出たが、寒くて直ぐ引き返した。

19:00 消灯&就寝

これまた、布団が冷たく、寒いやんけ~! と痛い頭を抱えて丸まってたら、いつの間にか寝ていた。

ところがだ!

夜中は、暑くて目が覚めた。

はは~ん。

折り重なった布団や、隣同士密接になって寝るのは、暖房の無い寒い山小屋ならではの工夫なんだな。

WCに行って、持参しているミネラルウォーター飲んで、フリース脱いで、痛い頭で納得しながら再度寝た。

4:00 起床。

まだ頭痛は続いているしボーっとしてるが、そそくさとチェックアウトの準備。

f0077739_13171650.jpg


まぁ、なんてチープな朝食なんでしょう!w

でも、食欲は昨晩よりマシだったから、食べるのは早かった。

f0077739_13185191.jpg


4:30には、山小屋を追い出されるように急かされる。

宿泊客は登山者だけでなく、電気工事関係者等仕事で登ってる人も居た様だな。

f0077739_13212583.jpg


悪天候を心配していたが、なんのなんの! 良い感じじゃないか?!

まだ、頭はボーっとしているし、予定していた朝日岳まで歩いてる間に、御来光が出てしまっては意味無いと思い、山小屋前付近で、御来光を待つことにした。
by freaks1997 | 2011-08-02 13:25 | トレッキング・アウトドア | Comments(4)
Commented by dai at 2011-08-03 17:36 x
ぐはぁ。いろんな本で見たより、はるかに凹む情報ですね。
あの布団の距離。。。。
朝飯というより、白米w
これがお盆休みのイモのこのときはどうなるんだろう???
手足縛って寝させられそうな人もいるだろうにw
Commented by freaks1997 at 2011-08-03 20:00
>daiちゃん

ちなみに、反対側のお隣さんはこの布団の上に、持参した寝袋で寝ていたよ。

荷物が大きくならないようにするには、寝袋じゃなくてインナーシーツでも良いかもね。

次回登る機会があれば、私は素泊まり(¥5000)にします!
Commented by dai at 2011-08-03 22:11 x
ですよね。いろいろ調べて富士山に限らず山小屋の布団はせいぜい干すくらいで、シーツなど洗濯できるわけもないから、寝袋持参使用と思ってましたが核心に変わりました!
ご飯もカレーはいいけど、コーヒー沸かして朝はカロリーメイトのほうがよっぽどよさそうですね。
でもいきたい!
Commented by freaks1997 at 2011-08-03 23:22
>daiちゃん

薄くて温かくて、軽くて収納はコンパクトな寝袋となると、それなりの金額になってくるけどねぇ。

山頂には他にも数件山小屋あるし、豚汁とかその他美味そうな匂いしてたよ。

その時の気分次第でも、どうにかなりそうなくらいの朝食メニューはとれそうだったよ。
<< 富士山2011 Vol.3 御来光編 富士山2011 Vol.1 登... >>