富士山2011 Vol.5 下り編(逆プリンスルート)

f0077739_1420697.jpg


6:35 御殿場口頂上から、名残惜しいが下界へ戻らないと。

f0077739_14223444.jpg


登ってきた富士宮口ルートは斜度がきついからね。

そんなに登山経験は多くないけど、登りは気力体力勝負で、下りは膝間接や足との戦いだと感じてるから。

帰路の距離は長くなるけど、膝への負担は少なくなる方を選択したのよね。

f0077739_14265244.jpg
f0077739_14271212.jpg


とは言っても、頂上付近はそれなりに急斜面は若干あるけどね。

f0077739_14284142.jpg
f0077739_1429272.jpg


富士裾野の雄大な景色を楽しめた。

このルートを歩いてる人はグッと少ないのも気分良い。

f0077739_14302592.jpg


7:33 八合目山小屋跡、登山者が少ないと山小屋も廃業しちゃうんだろうね。

f0077739_14323476.jpg


山小屋への荷物運搬用のブルドーザー。

f0077739_14381598.jpg


7:57 七号九勺

f0077739_14344571.jpg

f0077739_14391971.jpg


下れば下るほど植物の数が増えていくし、宝永山火口も大きく見えてきた。

f0077739_1441113.jpg

f0077739_14421192.jpg


8:45 七号五勺

f0077739_14425594.jpg


8:49 七号四勺

f0077739_1445310.jpg
f0077739_14452194.jpg


8:57 七合目 ここでレインウェアジャケットを脱いだり、これからの砂走りコースに備えてシューズのフィッティング等再チェック。

夏休みシーズンなので、ちびっ子連れの方も多く見かけたよ。

高山病の症状はいつの間にか感じなくなり、この場所くらいでは解消されていたのかもなぁ?

f0077739_151481.jpg


ここまで御殿場ルートは登り下り同じルートだったけど、ここから下山道に分岐する。

f0077739_1525656.jpg


まだ大砂走りコース部分に入っていない箇所でも砂走りは楽しめた。

ていうか、後半で膝が痛くなったら終了だと思って、ほとんど走らなかったのよ!

感覚的には新雪のゲレンデでのスキーみたいな感じ。

テレマークスキーは経験無いけど、こんな感触なのかも?

f0077739_163386.jpg


9:22 宝永山&富士宮口コースへの分岐点(下り六合目)

f0077739_165495.jpg


富士宮口ルート~宝永山遊歩道~御殿場ルートの組み合わせは、2008に皇太子様が歩かれたので、「プリンスルート」と呼ばれだしたようだ。

今回はこのルートの逆バージョンで下っている訳ね。

f0077739_1683326.jpg


宝永山火口淵を歩いていく。

f0077739_1694617.jpg


右側は火口底。

f0077739_16105549.jpg


左側は御殿場ルートの大砂走り。

f0077739_1612289.jpg
f0077739_16122142.jpg
f0077739_16124312.jpg


実はこの火口淵区間では強風に煽られっぱなしで、横に飛びそうになりながら歩いていたのよ。

スポーツカイトとかゲイラカイト揚げたら、めっちゃ揚がるだろうなぁ~なんて想像しながら・・・

f0077739_16153056.jpg


9:34 宝永山ピーク 2693m 感動は薄かったわ・・・

f0077739_16165651.jpg
f0077739_1617490.jpg


火口底に向かって下っていくのだけど、この部分も砂走り的な地面。

下るには良いけど、ここを登っていくのは結構足とられるんじゃないかなぁ。

皇太子様は足場の良い所を探しながら登ったんだろうね。

f0077739_16193781.jpg
f0077739_1620179.jpg


火口はスケール大きすぎて、画像では迫力が伝わらないのでは・・・

f0077739_16215852.jpg
f0077739_16221743.jpg


10:29 第一火口縁 ルート途中では何度も振り返って辺りを見渡してた。

f0077739_16252514.jpg


10:45 富士宮口ルート六合目に戻った。

f0077739_16264619.jpg


膝を温存しながら下って来たけど、後もう少しって気が緩んだのか、流石に痛くなり出したよ。

f0077739_16283635.jpg


11:05 富士宮口五合目、下りは4時間半掛けてスタート地点に到着。

仮想富士山登山、予行演習した剣山登山の経験が生かされた感じ。

その時の膝痛と比べたら雲泥の差。


今回、天候にも恵まれ、怪我も無く、ほぼ計画通りの行程を消化できて、大~満~足!

世の中全ての物に感謝!

f0077739_16313974.jpg

f0077739_16321584.jpg


車が見え出した頃で、やっと富士山登山が終了したんだと、ホッと安心できた。

f0077739_16324045.jpg
f0077739_1633024.jpg


自宅からほんの610kmじゃないか!

結構近いぞ。

f0077739_16332459.jpg


麓に下りて、まずは温泉に浸かるのである。

やたらとビールが飲みたかったわ・・・
by freaks1997 | 2011-08-05 16:47 | トレッキング・アウトドア | Comments(2)
Commented by dai at 2011-08-05 18:14 x
長編のレポになりましたね。ってこっちがあおってるせいもあるんでしょうけどw
下りの方が雄大な景色が多いですね。砂走り楽しそう、とういか普通の登山じゃないことですものね。
富士山ならではなのか??他にもあるんですかね?

スケールの大きさ、ご来光、日本の最高峰の特別さ、達成感、高山病、山小屋のデメリット、良いも悪いもココでしか味わえないものばかりですね。
イメトレのみが進みますわw
いろいろ質問にも答えていただきありがとうございます。
行くときはもう一度このブログを読み返してから行きますね。
平日にいけたらいいなぁ。

ああ、宝くじ当たって自由な毎日が送れる日が来ないかなぁw
BIGかって帰ろうw
Commented by freaks1997 at 2011-08-05 19:46
>daiちゃん

平日に動けるメリットを上手に使えた富士山登山でした。

交通アクセスも良いし、山小屋の件数や、登山者の人数が多いので、周辺環境も良い。

幼児や初心者でも楽しめる優しさがあるし、大人でもそれなりにキツイし、状況次第では過酷で厳しい登山。

そんな日本一の山なので、憧れやリピーター続出等、人気があるのが、実際に怪我無く楽しく体験できたよ。

イメトレとリサーチは大切!です。

是非近いうちに、実際に登って体験してね~


そうそう! 

dai ちゃん&wod-3さん、その他喫煙者向けの小ネタ。

標高あがると電子ライターでは火がつけれな~い!

タバコ吸うなら、フリントタイプの100円ライターかZIPPOとかのオイルライターを用意して下さいね。
<< ドドスコ本栖湖 富士山2011 Vol.4 お... >>