ランプシェード(その二)

f0077739_10465632.jpg

イサム・ノグチのakariシリーズ。
和室で使ってる。

高校生の頃、実家の自分の部屋では、これと全く同じ形の物(中国雑貨屋さんで買った)を使ってた。
その後、親友が和泉屋石材の娘さんと付き合うようになり、イサム・ノグチを知ったの。
初めてakariを見た時は「あっ、パクリや!」と思ってしまったけど・・・(笑
(今では二人は結婚し、20年以上の付き合いになります)

彼女はイサムノグチ庭園美術館で、毎日忙しくしてる様だ。
(そんな事もあって、美術館はOPEN前には何度か行った事あるが、開館後は行けてない・・・曜日の関係もあるのだけどね)

話を元に戻すと、このランプシェードは素材の関係で、使用年数が長くなると黄ばんでくるのが難点・・・
でも、気に入ってるのでこれで同じ形のを3個目(笑

いろいろakariは種類が多くて何タイプか使ったけど、この形が一番落ち着くよ。
by freaks1997 | 2006-05-14 12:35 | お気に入り | Comments(2)
Commented by 人魚のあしあと at 2006-05-15 10:22 x
お洒落なランプシェードですね!
この形が一番落ち着くって気持ち、なんか分かる気がします。
イサムノグチ庭園美術館は一度も行った事がありません(><)
すっごい良さそう!
今度早速行ってみます!!
Commented by freaks1997 at 2006-05-15 19:03
庭園美術館は「えぇ~っ!こんな所にあるのぉ~?」って言うくらいな場所です。
迷わないようにね~。

でっかい石彫刻に、圧倒されるのは当然として・・・
地の利を活かしてたり、デッサンや彫金、竹・木製の作品など、意外な物に感動すると思うよ。
<< ランプシェード(その三) トランスポーター >>