『'05しこせん4戦愛媛八幡浜大会』Vol.1

天気予報では「最高気温25度 最低気温14度 晴れ」との予報。
トライアルするのに良い感じの気候になった。

この会場は、前泊できる施設があるし、事前情報では前夜祭もやってるようだ。お祭り・宴会好きなかとちゃんとしては体がうずくところ。
だが、NB参加人数は12名、ポイント圏内は6位入賞が条件なので、潰し合い大会?には行ってはならない。逸る気持ち(どっち?)を抑えつつ早めに就寝。

ETC通勤割引を利用するため、高松西ICから100km以内のいよ西条ICで一度高速を降りる。いよ西条IC手前で愛媛NB#5さんの車を抜き、ICでアウト&インしてる間に抜かれたので、又もう一度追い抜く。トライアルでは勝てないので車のスピードで勝負。
(一応?、安全運転ですよ。いつでもどこでも法定速度+25km/h以内で走行。違反キップ切られないくい???)
高速料金にしても、ちまちま姑息に割引して、「オレってちぃせぇ~!」
(ちなみに、往復で約¥1500の節約だぜ!)

予定通り2時間半、8時ジャストに会場入り。今回もチーム自由人からのエントリーは、かとちゃん一人。愛媛タウン誌のチーム別取材はお断りした。チーム自由人のみんな~~、一人ぼっちのチーム員だなんてやっぱり寂しすぎるぞぉ~!

今回の大会も8セク×3ラップ。去年の八幡浜大会の難易度が低かったせいか、今回は手強く?設定したらしい。セクションは、高いステアや人工物は少なめ、その分?長めでキャンバー角度はきつめ。よって、登り切れずやバックしての5点は避けたい。
森の中でのドライコンディションだから、グリップ感はどうだろう?
直射日光が少なそうなのがありがたい。

総参加人数38名だから時間はたっぷり使えそうなので、前半はしっかり下見して1ラップ、後半2ラップまわる事にしよう。
f0077739_1412156.jpg
f0077739_14123137.jpg

# by freaks1997 | 2006-02-24 14:14 | トライアル | Comments(0)

『'05しこせん3戦徳島鴨島大会』Vol.4

f0077739_13542476.jpg


       C/G
1ラップ  9/4 9位
2ラップ  2/6 7位
3ラップ  4/6 6位
      15/16 17人中6位入賞

全8セクションだった事もあるが、リザルトを見るとやはり、ほとんどの方が減点抑えてる。私の1ラップ目の5点が無かったとすれば、ラップ平均は3点くらいなので、出走前の予想通り神経戦になった。トップはトータル2点だし・・・

5・6・7位は同点クリーン差の小差で、辛うじて入賞できた。

今年のNBは誰が勝つのかわかりませんねぇ・・・

チーム自由人のみんな、しこせん出ようよ~~

今回10ポイント獲得。合計28ポイント 
残り5戦、NA昇格まであと47ポイントだぁ~~
f0077739_13544045.jpg


今回、感心した事。
前回の大会優勝者の村上さん。
マシンのタンクに手書きで『集中』って文字が書いてます!!!
す・ご・いですね~~~!
見習わなくっちゃ!

それと、いつも画像を提供していただいてるサイトの紹介が遅くなりました。
須恵泰正さんはストレートオンのイラストでご存知の方も多いと思います。
『すえドン♪のフォトアルバム』
http://homepage.mac.com/suedon/Menu3.html
全日本選手権もあるよ~~
# by freaks1997 | 2006-02-24 14:00 | トライアル | Comments(0)

『'05しこせん3戦徳島鴨島大会』Vol.3

5セク、前下がり位置からヒューム管を越え、岩場を通り、オフキャンターンから少しターンしながら登る。岩場の小ギャップを下りながら通り、あとオフキャンターンとキャンバーターン。

1ラップ目、ターンしながらのキャンバー登り部分は石ころが多く、辛うじて登ったところでチョン足。2・3ラップ目、この部分の進入角度に気を付けてクリーン。

6セク、石ころのザクザクエリアでのキャンバー・オフキャンバーターン。やや長めに登って、少々キャンバー走行し、くるっと360度ターンして岩盤を下る。

始めのキャンバー・オフキャンバーターンは、走行ラインが外れても幅が広いため良いが、ザクザクが嫌な感じ。ハンドルを取られたり滑らせ無い様に。最後の下りの高低差が見た目の恐怖心あおられる。下り手前のくるりターンをゆっくり回り、気持ちを落ち着かせる。3ラップ共クリーン。

7セク、小ギャップ下って、木の電柱2本のステアを登りターンして下る。前下がり位置からのタイヤステアを上がり、ダム型キャンバー登る。

電柱ステアで滑らせない様にすることと、タイヤステア、タイヤからの加速時のグリップ感に気を付ける。1ラップ目2点。2・3ラップ目はどこかでチョン足の1点。
試合終了してから他の方の走りを見てると、電柱ステアへの進入ラインを、ステアに対して素直に通せば良かった・・・変にラインを読みすぎた様だ。残念!
f0077739_13483293.jpg
f0077739_1348447.jpg
f0077739_1348569.jpg


8セク、オフキャンターンから登って、さらにターンしながら登りキャンバーターン。
下ってオフキャンターンしてチョイ登り。

元チームメイトが、このセクションのパンチャー係。かっこ悪い所は見せられない!
妙な緊張感!!! 
ターンしながらの登りの轍さえ外さなければ、あとはコース幅が広めなのでメリハリ付けて。
3ラップ共クリーン。
# by freaks1997 | 2006-02-24 13:53 | トライアル | Comments(0)