スリランカの旅・世界遺産編 Vol.2

『シーギリヤ』(その2)

螺旋階段だから、絶対外側を見てしまうし、また頼りない金網で囲まれてるんだよね・・・
(世界遺産編 Vol.2・シーギリヤその1参照)

シーギリヤ・レディは岩山の壁に500人ほど描かれてたらしいが、現在はわずかに18人。
f0077739_2020730.jpg

風雨にさらされたり、戦争で剥がされたりしたようだ。
f0077739_20202523.jpg

残ってる部分は岩肌に雨が伝って来て濡れない様に、オーバーハングしてる部分に描かれてる。
f0077739_20211619.jpg

かつてはこのオレンジ色の外壁内側が鏡のように磨かれていて、壁に映った壁画を見てたらしい。
ミラーウォール(鏡の回廊)と呼ばれている。
f0077739_20213693.jpg

レンガを芯に漆喰が塗られ、その上に大量の卵白と蜂蜜と石灰を混ぜたものが上塗りされてる。
で、表面を丹念に磨いて作られてるそう。
(でも、どこでも一緒で落書きする奴がいるんだよ・・・ロープで近づけないようにしてはいるものの!)
# by freaks1997 | 2006-03-08 20:35 | 旅行 | Comments(0)

休日も?忙しい・・・

昨日3/6、午後から雨の予報なので手際よくスケジュールをこなさなければ・・・

朝一はrev3のフロントタイヤ交換。
牟礼の知り合いの自転車屋さんでコンプレッサー借りる。ビードストッパー・レス加工さてるのであっという間に出来た。
しばし歓談。

徳島・鴨島までの道中、道の駅ながおにあるカフェ桜湖でコーヒータイム。
(同級生がやってます。志度山川線を通ったら休憩に寄ってね~)

鴨島で見た菜の花。春も近づいてきたね。
f0077739_12392051.jpg

鴨島TR場では、いつもの貸切状態。
到着早々、エンジンかからない・・・プラグは真っ黒にカブッてた。
ガソリン・コック閉めてたけど、TR場に入るときに揺れたせいなのか?

今日は前回のしこせんセクションで、rev3のマシン・挙動をチェック&乗り慣れる為の練習。
時折小雨交じりで、しこせんの時の路面状況は同じで好都合。
前回の大会難易度ではShercoもrev3も乗り方は同じでOKだった。

一通り前回大会の復習の後は、次回の高知戦を意識して、タイヤなどの人工物、浮いたゴロ石場、ステア系なども練習。
愛絵山さんに指導してもらった「ねちねちターン」もやったよ。
オーバーフロー対策加工の為か、余分なガソリンを外に出してる様で、デロルトキャブに比べて、早くにリザーブにしないといけない。大会中はマメにチェックしておこう。

Shercoは慣れてたせいでも有るが、マシン任せに走っても技量をカバーしてくれた。
rev3は、路面状況が良く解る反面、マシンもキッチリかっちりしてるので、上級者向けかなぁ。
新しく乗り換えたマシンは、3ℓ分近く乗ったら、楽しい反面疲れた・・・

鴨島までの道中、いつも気掛かりだったスリランカ料理店(スリランカ人のオーナーシェフ)「味浪漫」ていう名前のレストランに寄ってみた。
f0077739_12394519.jpg

15時過ぎでタイムランチも終わってたし、客は居なかった。レンズ豆のカリーとライスを辛さマイルドで注文。オーナーと、先日のスリランカ訪問の話をしながら食べれたし、デザートもご馳走してもらった。
f0077739_12395816.jpg

どちらも美味しく、四国ではスリランカ料理店はココだけらしい。
192号線沿い、吉野川市山川町だからすえドン♪さんちの近所だと思うよ。
(業務連絡・ゴリさん、近いし今度一緒に行こうよ。ナスカリーは無かったけど・・・)

高松に戻ってきて、注文してたBPのクーラントを取りに行く。
レース専用だからか、「3個単位ケース売り」って言われて仕方なく買ったよ・・・

疲れたけど、心地よい疲労感の一日だった。
rev3に乗り慣れるのには、もうチョッと時間掛かりそうだ。
# by freaks1997 | 2006-03-07 12:56 | 雑記 | Comments(1)

スリランカの旅・世界遺産編 Vol.2

次の所は、一番行きたかった場所『シーギリヤ』 (その一)

ある意味エアーズロック!デベソみたいに、ジャングルの中に突如ポッコリと姿を現す。
父を殺し強引に王座に付いた王子が、弟の復習を恐れて岩山に城を築いたらしい。
f0077739_1932547.jpg

【水の広場】
沐浴場なのだが、右側は発掘して復元。
f0077739_194899.jpg

左側は自然に戻って池のような姿。ユネスコに資金がいっぱい有れば復元するだろうけど、このままで対比した姿も良いと思う。
自然が元に戻ろうとする力は凄い!
f0077739_1942389.jpg

こんな岩肌に取り付けた錆さびの通路を通って登っていく。
昔の人は凄いなぁ・・・
オレンジ色の壁の内側に、シーギリヤ・レディと呼ばれる壁画がある。
f0077739_1945470.jpg

 
高所恐怖症の方は注意。
結構な高さだし、手すりは頼りなさげだし、オーバーハングしてるし・・・
# by freaks1997 | 2006-03-06 19:08 | 旅行 | Comments(1)