ロング化は正解!

次の休日には乗れる時間が取れないかもしれないと急遽思い立ち、早速夜間走行してきた。

f0077739_10424130.jpg


まずは、TT100GPなのだが、まだ装着したてというのもあるだろうけど、タイヤ接地面の形状から、ガレージ内での取り回しが軽い。

BSアコレードのふっくら丸い接地面から比べると、フロントタイヤは尖ってる様にみえるし。

リアタイヤはワイドになって幾分扁平してるけど、取り回しの段階では前輪からくる抵抗力の方を強く感じるのだろうね。

気温は7℃くらいかなぁ。

10℃以下だったのだろうけど、キック一発でエンジンは目覚める。
(前回に乗ったときには、ガソリンコックをOFFにしてるのを忘れていて大汗かいた頃に気づいた経験あり・・・)

暖機中にブレーキの効きしろ等を再チェックして、いざ出発。

ロング化していても、1速の発進や2速あたりでの走行も、今までと殆ど違いは感じられず、肩透かし?な感じ。

近所では信号で引っかかる事が多いので、暖機しながら確認してる感じだったね。

新品タイヤの慣らし始めだし、ロング化での変化具合チェックとこの気温だから、無理しな~い。

郊外に向かうにつれ交通量もまばらになった頃合で、各ギヤで引っ張ってみる。

3速3000rpmで60km/h

4速3000rpmで68km/h

5速3000rpmで80km/h

この数値は走りながらのメーター読みだから、大体なんだけどね。

5速2500rpmくらいからだと十分加速していくので、トップギヤでもそこそこ実用の範囲内かもな。

市街地は4速までで十分だな。

エンジンの振動や排気音、スピード感など、心地良いのはこのあたりかなぁ。

たとえば、郊外で気分よく走ってたりすると「気がつくと法廷速度オーバー」なんて事に気をつけなければいけないかもねぇ・・・


そんな事をあれこれ考えながら走ってふと気がつくと?たかまつ空港到着ゲート。

ちょっと感じた事をメモして帰路に着く。

空港通りに出たくらいでBMWに追い抜かれ、ペースメーカーになっていただくのに丁度良い感じ。

車線変更の切り返しや、追い越し加速など、直線コースでのいろいろをここぞとばかりにチェックしたよ。

ほっほ~

なかなかどうして。

ふっふっふっ・・・

理想的なギヤ比かも!?

使える!

ノーマルエンジンでも良い感じ。

久し振りにヘルメットの中でニヤける。

f0077739_11403938.jpg

コーナリングでも極力マシンを寝かさないで走った結果(笑
f0077739_11405690.jpg


それから、リアホイールの重量が増えた事による慣性モーメント。
(この言葉の意味で合ってる?)

赤信号手前などでのエンジンブレーキが、マイルドに感じられた。

これならクランク内圧コントロールバルブなんて必要ないかもね。

今回の交換で、BSアコレード装着の状態とワイドリムとTT100GP装着の状態を手で持ちあげてるから、重さの違いを感覚でだけど知ってるからね。

交換前にリム磨いたりしてた時に予想していたから、重量差はやはり体重計に乗せて量っておけばよかったなぁ。


でも、これまではほぼ直線的な平地での事だから、アップダウンの多い峠などではどうなんだろうね。

44kmの走行だけではこれくらいまでかな。

乗ってくうちに今の仕様に慣れてくると、今までの仕様との違いの感覚は薄れていくだろうし。


現段階ではかな~り理想的で満足してるので、後の不具合などは寒さが緩むにつれ追々チェックしていくかな。
by freaks1997 | 2009-01-18 12:02 | SR595 | Comments(0)
<< 気持ち良か~ 洗濯機 >>